2022/11/18

フロントフード内のディテーリング #1

 
少し前の作業ですが、
こちらの'58年タイプ1の
フロントフード内のディテーリング作業のご紹介です。

こちらは作業前の状態。


一見、程良くヤレたオリジナル・・・という感じですが、
例えば本来グレーなはずのガソリンタンクが黒くペイントされていたり、
所々ハケ塗りの跡が見えたり、
サビも見えますね。

比較的キレイな部類だとは思うのですが、
手を入れる余地があるのも確か。


それでは早速進めていきます。





2022/10/16

'58 Karmann Ghia Aero Silver #03



 実際の鈑金作業の様子です。


まずは塗装を剥がして状態を確認します。


こちらは左側。
右側はほとんどサビは無かったんですが、
左側はご覧の様な状態。
ここはパネルが二重になっていたりして、なかなか厄介なところです。
過去のレストア時にこのサビのうえからパッチを当てて、
鉄板の段差を埋める様にパテが盛られていて、
ラインが埋まってしまっていたんですね。(^^;)

用意していたボディパネルを使い、
切り継ぎしていきます。



先程のサビていた内部のパネルもしっかり交換。






右側のエンブレム部の凹みも復活!



という感じで一か所ずつしっかりと作業を進めていき、
サフェーサーをペイントしたところ。



そして現車に合わせて調色し塗装完了!!


磨いて、ドアを取り付ければ・・・



インスタグラム、facebookではご紹介していましたが、
この後、組付け、その他諸々の作業をして完成しました。

先月のVW AUTUMNにも参加されていたので、
ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。









2022/10/14

'58 Karmann Ghia Aero Silver #02

 

コチラが、板金塗装完了後の写真です。
(まだ組付け前ですが)



前回の写真と比べてどこが変わったか分かりますか?


まずは右フロントフェンダーにある、
エンブレムを取り付ける為の凹み部分です。
赤い〇の部分です。

そして、
左右リアフェンダーにある
トーションバースプリングを脱着する為のサービスホールと、
ロッカーパネルと前後フェンダーのパネルの継ぎ目のライン。


本来はこういったディテールが存在してるんですが、
過去のレストア時に失われてしまったんですね。

見た目的には細かい部分ではあるんですが、
やはり元々あるディテールはその通りであってほしいですよね。

ただその拘りを実現する為には、
かなりの作業が必要でした。。。









2022/10/10

'58 Karmann Ghia Aero Silver #01



この写真を見て、
「あれ??」と違和感を感じる方はどれくらいいるでしょうか?




ほとんどの方は、
「キレイな車だなー」くらいで、
特に違和感を感じる事は無いと思います。

気づく方は相当な変態かと思います。。。

オーナー様はやはり気になるとのことで、そのあたりを鈑金・修正していきます。



 

2022/09/04

'73 "OG Paint" BUG #06

 

これまでの'73 BUGの投稿はこちらから!


・・・フロアの溶接補修が終わったところでした。

続いてフロアのペイントをしていきます。
最終的にはカーペットやラバーマットで隠れてしまう部分なので、
ササっとサビない程度にペイント・・・で済まされがちな部分ですが、
せっかくなのでキレイにペイントしていきます。

というか、そうしないと気が済まないんですよね(^^;)


まずは塗装や細かなサビ等を剥離していきます。


そしてサフェーサー。


最後にブラックで塗装です。


大穴があいていたバッテリーフロアもご覧の通りです。(^^)/

Before

After


フロアの塗装時に
外したペダルもついでにキレイにしておきました。
※ハードウェア関係はオリジナルを亜鉛メッキしています。



フロアの裏面はアンダーコート+ブラックで仕上げ。

シャーシtoボディのボルト&ワッシャーは
一緒にペイントしちゃうとアレなので、
一度外したうえで塗装後に再度取り付けています。





これで次に進めますね。

次は内装をやっていく予定です。