2021/06/08

The First customer of AUTOBAHN Tire


先日、オンラインショップの方で予約受付を開始してから、
真っ先に,一番最初に
ご予約いただいた'57 OVALのお客様。


今回のタイヤ交換に合わせて、
ホイールのペイントもご依頼いただきました。


一見キレイそうなんですが、
何度か塗り重ねられていてそれが部分的に剥がれてきていました。

裏面は、それぞれオリジナルっぽかったり、
錆止めの塗料が塗られていたり。。。

お客様と作業方法を相談し、
今回、全て剥離して塗りなおすことになりました。

というワケでまずはいつもの様にサンドブラスト!!


側面、裏面もご覧の通り。
これはサンドブラストでなければ無理な仕上がりです。

製造年月のスタンプもクッキリ。

・・・仕上がりが楽しみです!!


























2021/05/29

ランニングボード

 

ここ最近、お問い合わせ&ご依頼頂く事が多い、

オーバル用のランニングボード。


オーバル用と言いましたが、
正しくは、'52年10月のツヴィッターから、60年モデルまでの、
比較的長い期間使用されています。

以前はリプロダクションが無かったので、
それ以降用ので代用するしかありませんでしたが、
現在は新品で揃います。


パウダーコート済みのスチールベース(これは他年式と同じ物)
ラバー、モール、クリップ。
後の年式の物の様にアッセンブリーでは販売されていないので、
パーツで揃えて、組んでいく形になります。



かなり良いお値段になってしまいますが、
それでもやる価値はあると思います。


更に拘る方には、
OVAL時代のオリジナルを忠実に再現した
スチールベースのリプロダクション・・・
というのも入手可能です。


ランニングボード一つとって見ても、非常に奥が深いですね!!












2021/05/22

LAST!! フラバグ

 

長年親しまれてきたフラバグが今回でラストということで、

気合を入れて行ってまいりました。


往復約900キロを、

来月発売予定のAUTOBAHNタイヤを履いたOVALに乗って。。。

深夜1時に出発した時は雨で、

タイヤの性能をテストするには最適なシチュエーション。

往復、渋滞も無く快適に走ることが出来ました。

乗っていて感じたのは、適度な柔らかさ。

高速道路の継ぎ目等も非常にスムースに超えられます。

KONIのショックアブソーバーを装着していた事とも相まって、

一言で言うと「とてもしなやか」な乗り心地でした。

今現在、Firestone等のバイアスタイヤを履いている方は、

特にその違いを感じていただけると思います。


肝心のイベントではおかげ様で忙しくさせて頂き、

カメラでちゃんと撮った写真はこれだけ(^^;)



・・・というわけで、
AUTOBAHN、現在、予約受付中ですので、
是非ともよろしくお願いいたします。m(_ _)m











2021/05/11

カラークレスト

 

これまで何度もご紹介している、

ポルシェFUCHSホイールのセンターキャップのペイントのご紹介です!


現在でも入手できるポルシェ純正のセンターキャップ。

新品はシルバーにペイントされた状態なので、

まずはそれを剥がしてポリッシュするところから始めます。


そして、ペイントするエンブレム部分を洗浄、足付けし、

キッチリとマスキングします。

まずは下地のゴールドをペイント。

赤と黒の部分はエアブラシで。

鹿の角、馬、PORSCHEの字は筆で。。。

最後にクリヤーコートすれば完成です!!

アップで見ていただいても大丈夫な様に、
丁寧な作業を心掛けています。

その分、価格は高くなってしまいますが、
ホイールのセンターで抜群の存在感を放ってくれると思います。











2021/04/15

3rd Orange Bug Beachside Festival


先日和歌山で開催された、Orange Bugに参加してきました!! 

昨年はコロナで無くなってしまったので、

今年の開催を非常に楽しみにしていました。

当日はこのイベントに相応しく快晴で、

本当に良いイベントでした。


当日、当社ブースでは、
夏に発売予定のAUTOBAHNタイヤを展示・発表させていただきました!!

このタイヤについて、詳しくはこちらをご覧ください~。


会場には久しぶりのイベントと言う事で、
今回、イベントデビューされた車両もチラホラ。。。

こちらは大阪のSUPER BLAST SERVICEさんのバハバグ。
なんというか、Californiaの匂いがプンプンしてきますね!
非常に爽やかでカッコいいです!!
最初会場で見た時に一目惚れしてしまいました。


続いてこちらの2台。
当社のお客様の車両でどちらも’58年モデル。
左のコーラルレッドがUS仕様、右のカプリがSWEDEN仕様です。
どちらも足回り、内装等、以前に当社で作業させていただきました。

そしてコーラルレッドの方は今回・・・

Mr.OKRASA 製作のエンジンを当社にてディテーリングし搭載させていただきました!
この一枚の写真の中にも様々な拘りが詰まっています。


こちらは非常に雰囲気の良いパティーナな’60年モデル。
AUTOBAHNタイヤを履いたら最高に似合いそうです。
(是非ご検討ください!m(_ _)m)


岐阜のキッツエンタープライズさんのOVAL。

よ~く見るとホイールナットまわりにオシャレな加工をされてます。
これはカッコいいですね!!


THING!!
よく「スイング」と言う人がいますが、どちらかというと「シング」ですね。
コンディションの良い車両をリフトアップし、
ハードトップにサイドはスライドウインドウ。
こんなの見たら、THING、欲しくなってしまいますね。。。


最後は75年あたりのビッグテール。
最近はビッグテールもコンディションの良い車両が少なくなってきました。
そんなビッグテールをサラッとカスタムした1台。

素直にカッコいいですね!
車高やフロントのナロー具合等、絶妙なバランス。
やはりクルマはバランスが大事です!




他にもたくさんの車両がエントリーされていました。
イベントの様子は当社ホームページのギャラリーにアップしておりますので、
ぜひご覧ください~(^^)/