2020/07/06

バンパーのリクローム #1



カルマンギアの前後バンパーのリクロームをご依頼いただきました。


現状、正直そこまで傷んでいるわけではないのですが、
一部、メッキが薄くなりくすんでいる箇所があり、
どうせなら全部・・・と言う事で、
今回作業させていただくことになりました。

(写真だと分かりにくいですが、リアバンパーのセンター部分がかなりくすんでいました。)


早速分解です。


よく見てみると、凹みがあったり・・・

穴が開いていたり!?

メッキとは直接関係ないですが裏側が結構サビていたり・・・

今回、リフレッシュする良い機会だったかもしれませんね!

ついでに、
ブラケット関係も全てペイントしなおします。


・・・実はメッキに出してそろそろ約一か月・・・
ボチボチ仕上がってくる予定です。

また、ご紹介いたします。










2020/07/03

RHD Rubber Floor Mat !!



少し前ですが、
海外(アジア圏)のお客様からRHDビートル用のラバーマット製作を
ご依頼いただきましたのでご紹介いたします。


ビートル用のラバーマット、
右ハンドル用のリプロダクションは残念ながら販売されていません。。。
その為レストア時などカーペットで代用されていたりしますが、
やはりオリジナルスタイルで仕上げるには、
ラバーマットが必須です。

まずは、左ハンドル用のマットを2枚用意します。


これを切った貼ったして・・・

右ハンドル用に改造!



どうしても、継ぎ目が残ってしまいますが・・・

そこは、仕上げにココマットを敷いていただければ全く問題ないレベルかと。。


残った部分でファイヤーウォールマットも♪♪



早く、どこかのショップさんが製品化してくれれば良いのですが。。。(^^;)

それまではご依頼いただければ製作可能です。






2020/06/22

'61 type2 Light Beige / Brown Beige #16





長期間お預かりし、
色々とさせて頂いた作業も、ようやく終わりました。
本当にお待たせいたしました。m(__)m


どんな作業をしたか・・・
挙げればキリが無いので、
とりあえず、写真をご覧ください。








オーナー様の拘りが存分に詰まった、
そんな仕上がりになっていると思います。

今回できなかった作業を・・・
という、次期プロジェクトも予定されていますので、
またその時はご紹介させていただきます。









2020/06/11

'61 type2 Light Beige / Brown Beige #15


リアシートから順に張り替えていきます。

バックレストは背面のパネルを作り直します。


これでかなりシャキッとします。

・・・リアが完成です♪



ミドルシートは、
既製品のパディングの足りない部分を補ったり、
 

 

背面に付くアッシュトレイの為のナットプレートを仕込んだりしながら・・・

 

張り替えて、完成です。



最後はフロント。

バックレストはいつも通りで。。。



ボトムは、元のスポンジを再利用しますが、
前から後ろにかけて、厚みが少しずつ薄くなる様に削ります。
(横から見てナナメになる様に。。。)


そして、それを柔らかめのフェルトで包んで・・・


・・・完成です。















'61 type2 Light Beige / Brown Beige #14


張り替え前の状態は、
ミドル・リアはオリジナル、フロントは過去に張り替え済み、
・・・な感じでした。



状態としてもパッと見そんなに悪くなさそうだったんですが・・・
生地を剥がしてみてびっくり・・・(^^;)

フロントはフレームの曲がりにスプリング折れが数か所・・・


ミドルはフレームのクラックに、
スプリングの曲がり、溶接部の外れや折れなど数か所・・・


リアは座・背ともにフレームが歪んでいました。。。

どんな体重の人が座ってたのか分かりませんが、
なかなか、ここまでの状態のものはあまり無いです。(^^;)

このままシートを張り替えても良い仕上がりにはならないので、
シートフレームのペイント前に、これらを一つずつ、直していきます。

スプリングが折れてなくなってる所は、
部品取りから似たようなのを探して取り付けたり・・・


ウニョウニョに曲がって溶接部も外れてしまってる所は1本ずつ直したり・・・

曲がったフレームも極力真っすぐに・・・


画像で見るとそこまで曲がってる様に見えないかもですが、
実際はかなりでした。。。


ここまでやって、ようやくペイントです。


ビシッとブラックで(^^)/

ちなみにフロントの座面は、
車高を下げるためにフロアが嵩上げされてる兼ね合いで、
以前にシートフレームが改造され、
純正のスプリングの代わりに板+スポンジ仕様になっていました。

今回はそれを元にすこしモディファイ♪
フレームの上に乗っていた板をフレームと同じ高さまで落とし込む感じにしました。
合わせて、板に空気抜きの穴も開けています。



こうすることで、シート全体の厚みを変えずに、
クッション部分の厚みを分厚くすることができます。

フロアを嵩上げして、その分シートが薄くなってしまうのは仕方ないですが、
その中で出来るだけ座り心地が良い様に、考えてみました。