2020/05/14

'61 type2 Light Beige / Brown Beige #12


インテリアに取り掛かる前の最後の作業、
今回はエンジンリッドの修正です。

お預かりした時にはもちろんキレイにペイントされた状態でしたが、
問題が2つ程ありました。

①エンジンリッドプロップのブラケットの位置が少しズレているせいで、
開閉時にボディに干渉する。

②エンジンリッドロックのクロームカバーを取り付ける部分にパテが厚く盛られていて、
クロームカバーをキッチリ取り付け出来ず、開閉時に外れやすい。

・・・どちらも開閉の度にストレスに感じる部分なので、
この機会に作業させて頂くことになりました。


まず①ですが、
オリジナルと比較してみます。


※シーリングワックスレッドの物がオリジナルです。

こうして良く見比べると、
L字のブラケット自体の形状が違うのはもちろん、
向きも逆になっていますね。(^^;)


・・・ということで、オリジナルを見本にブラケットを作り直しました。

これを取り付けるリッド側も過去に補修跡がありましたので、
ここは鉄板を張り替えてからブラケットを取り付けることにします。。。
(この後は板金屋さんにお任せです。)


そして②ですが、

以前に一度クロームカバーを取り付けたのですが、
リッドの開閉時にチャーチキーに引っかかったりして、
外れてしまう状態でした。

本来はクロームカバーが収まるサイズの丸いプレスがあるはずなのですが、
それが無く、またその部分の厚みもけっこうあるので
おそらくパテで埋まってしまっている状態だと予想しました。。。


で、その部分の塗装を剥離してみると・・・


やはりプレスが出てきました。
おそらく周辺の凹みを直す際に一緒にパテで埋めてしまったのでしょうね。。。

何とかもとに戻せそうだったので、
後は板金屋さんにお任せです。(^^;)


そして!!

キレイに仕上がって戻ってきました。



これでストレス無く開閉できますね!!













2020/05/11

'61 type2 Light Beige / Brown Beige #11


今回はサンバイザーのレストアです。

50年代のバスのサンバイザーはスチールの枠に、
厚紙の様な素材の板が取り付けられています。

今回の物はスタンダード用なのでグレーでペイントされています。



紙製なのでこんな風に剥がれたりしてしまっているものも多いです。


また、塗料がペリぺリ剥がれてきたり、
湿気でボードがうねっていたり。。。

古いものなので色々あります。

今はリプロダクションが出ていますが、
今回はこのオリジナルの物をレストアして使用します。



・・・といっても、今回の物は比較的コンディションが良かったので、
剥がれたボードを接着しなおし、
元の塗料を丁寧に剥がし、(これが結構大変です(^^;))

サフェーサーで下地を整えます。






そしてグレーでペイントすれば完成です。






取り付ける際のマイナスネジも拘って、
ステンレス製ではなく亜鉛メッキ仕上げのものを選んでいます。。。








2020/05/08

'61 type2 Light Beige / Brown Beige #10


今現在はもう少し作業は進んでるんですが、
順番に振り返っていきたいと思います。。。


お客様拘りのパーツ、アンビュランスファンです。



どうしても取り付けたいということで、
実働のUSED品を以前に用意していました。
これをボディカラーにペイントし取り付けます。


スイッチノブやエスカッションは以前にオーバーペイントされていたので、
剥離して磨いて、動作を確認し、こちらは準備オッケーです。

合わせてフレッシュエアボックス内のリフレッシュ。



劣化した各シールラバー等を交換し、
フラップ等はペイント、後はボックス内部のクリーニングです。

ボロボロになったシールラバーがこびりついていたり、
パテ粉が一杯だったりでなかなか大変な状態でした。(^^;)


各部リフレッシュし、組付けます。





これでバッチリです。
フレッシュなエアを感じてください(^^)/








2020/04/19

6V バッテリーカバー #2


こんな感じで微妙~に、サイズが合わないんです。
測ってみると2㎜ほどバッテリーの方が大きかったです。。。



更に、これは前から分かってることなんですが、
6Vと12Vでは、そもそも端子の位置が違います。

その為、配線を取り出す為の開口部の位置を変える必要があります。。。


普通はそんなめんどくさい事しないと思いますが・・・
どうしてもこのカバーを取り付けたかったので・・・

まずはL字に折り曲げられたフチの部分を一度平らにし、
2㎜大きくなる様に曲げなおします。


そして新たに配線の取り出し口を開けます。


もちろん、オリジナルにあるフチの折り曲げ的なディテールも再現。



そして不要になった6V用の開口部を塞ぎます。



この状態でサッとペイントしてフィッティングを確認します。
比較の為に6V と12Vを並べてみました。
(左が6V、右が12Vです。)




どこをどう加工したか、分かって頂けるかと思います。

これで、12V仕様でも見た目を損なわずにバッテリーを設置できます。

実は、もう一つ同じもののオーダーをいただいてますので、
それができたらキッチリとペイントしたいと思います。(^^)/




















2020/04/18

6V バッテリーカバー #1



オリジナルスタイルの6V電装時代のワーゲンを12V仕様にアップデートした際に、
悩みどころなのがバッテリーのチョイスですよね。。。

もちろん、見た目を気にしなければ何でも良いのですが、
特にカルマンギアやバスは
エンジンルームにバッテリーが設置されている為、
見た目には気を使いたいところです。
(デッキリッドを開けると見えてしまうので・・・)

せっかくキレイに仕上げたオリジナルスタイルのエンジンの横に、
普通の、何の変哲もない12Vバッテリーがあると
少し残念に思ってしまうのは自分だけでしょうか??

やはりエンジンルームのディテールの一つとして拘りたいところです。


ちなみに、以前から6V風バッテリーケース、というのを使っていたんですが・・・


・・・オプティマバッテリーがすっぽり入るサイズなので、
ストックの6Vバッテリーと比べるとサイズがかなり大きいのと、
オリジナルのバッテリーカバーが取り付けできないのがネックでした。。。


その後、
12Vバッテリー用にオリジナルスタイルのバッテリーカバーが発売されたので、
それを使ってみたこともありました。。。


これも良かったんですが、やはりサイズが一回り大きかったりで、
その後はあまり使わず。。。(^^;)


何か良いアイディアは無いかな??と常日頃考えてたんですが、
そんな中、
当社でバッテリー交換の際によく使っているHella製の12Vバッテリーが、
こちらも良く使っているMOLL製の6Vバッテリーと
ほぼ同じサイズな事に今更ながら気づきました。 


試しに6V用のバッテリーカバーを合わせてみると・・・


惜しい!!・・・けど入らない。。。

普通ならここで諦めてしまうと思いますが、
バッテリーカバーを装着することへの拘りが人一倍強いらしく、
ここからちょっと頑張ってしまいました。♪


長くなりそうなので明日へ続きます。。。









2020/04/05

'61 type2 Light Beige / Brown Beige #09



まずはリアバンパーです。

リアバンパーは元々ついていた物が恐らくオリジナルではなく、
形状が気に入らないと言う事で、
今回、KlassicFab製の物に交換させていただきます。

KlassicFabでは、
バンパーブレード、ブラケット、スプラッシュパンの全てが揃います。


塗装前にフィッティングを確認します。



少々の修正は必要でしたが、ビシッと取り付け出来ました。
各部のクリアランスもちょうど良い具合に収まってくれています。

ペイントが仕上がったら取り付けです。。。


一度仮組みしているのですんなり取り付け出来ます。