2019/02/11

'57 Type2 STD #05



各ウインドウ関係の組み付けです。

まずはベントウインドウ。

通称”三角窓”。

ま、バスのはどちらかと言うと四角なんですが・・・(^^;)




パーツを準備し・・・



最初にロックを取り付けます。



リベットでこんな感じに。



そしてガラスを組んでいくんですが、
ここで問題発生。。。

用意していたVW純正のガラスtoフレームシールの長さが足りない・・・(^^;)

今まであまり長さの違いを意識したことは無かったんですが、
どうやらビートル用の様でした。

と言うことで、出来るだけ純正のシールラバ―に近い物を用意し、
組み付けていきます。
(写真奥のグレーっぽいのが純正、手前の黒いのが今回使ったラバーです。)



組み付けはもちろん、
以前に製作したベントウインドウツールで!
これはもう手放せません。




ベントウインドウシールの”バリ”をキレイに削り、
組み付けていけば、




・・・完成です。



あとは、ポップアウトウインドウや、
フロント・リアのガラスを組み付けていきます。。。






あともう少しで、外装関係の組み付けが一旦終わるので、
またご紹介いたします。




2019/02/04

NOS Ignition Switch



イグニッションスイッチが何らかの原因で壊れてしまった・・・
というお客様から、

「壊れるまではワンキーだったので、
なんとかワンキーのまま修理できませんか?」

・・・と、ご相談いただきました。

(ワンキー=イグニッションスイッチと各ドアのキーが全て同じ、
つまりカギが一本のみ、と言う事の通称です。
年式・車種にも寄りますが、基本的に新車時はワンキーでした。)


もちろん、イグニッションスイッチのみ社外品に交換してしまえば、
機能的には問題なく修理完了ですが、
それだと、元々1本だったキーが2本になってしまいます。

これを繰り返していくと・・・
1台の車に4種類のキーが存在する、なんてことにも。。。(^^;)


そこで今回提案させて頂いた方法は・・・

まずはお客様のクルマと同じプロフィールのキーが使える
NOSのイグニッションスイッチを用意。

これを探すのにひと月ほどかかりました。

そして、元々付いていたイグニッションスイッチと、
キーをお預かり。


写真奥がNOS、手前がお預かりしたものです。


この2つを分解し・・・



内部の細かいパーツを入れかえます。





そして元通りに組めば、
機能的にはNOSのイグニッションスイッチの完成です。


一番最初の写真と見比べていただくと、
キーとスイッチ本体の組み合わせが換わっているのが分かると思います。


社外品に交換するという一般的な修理方法よりも費用は掛かってしまいますが、
こんな方法も可能なんです・・・という一例でした。










2019/01/26

GHE Dash Grab Handle for OVAL



オーバルダッシュの人気アクセサリーの一つ、
GHE製のグラブハンドルが入荷しました(^^)/




USEDですが、比較的グッドコンディションです。!!
失われがちなガスケットも付属!!



取り付ければこんなイメージです。


オーバル用・・・と書きましたが、
タイプ2に取り付けてもカッコ良さそうですね。


※'58年~のタイプ1には取り付け座面の形状が違いますので取り付け不可です。
当時は同形状の'58年~用タイプも販売されていました。


GHE Dash Grab Handle for OVAL

SOLD!! 











2019/01/24

'58 Patina BUG


昨年のTea Breakでイベントデビューした、こちらの'58 Type1。




ギャラリーに写真を追加しましたので、是非ご覧ください(^^)/



程よくヤレたビートルを、ただ車高下げただけ・・・

・・・の様に見えるかもしれませんが、
もちろん、それだけではありません。

外装の各パーツは年式にマッチしたオリジナル、
またはオリジナルに忠実なリプロダクションを使用しながら・・・


(Fウインカーは’58年ONLYの通称"ストレートエッジ")
'59年以降とどう違うか分かりますか??


ポイントを押さえてアクセサリーパーツを装着。


もちろん、元々備わっていた物も多いですが、
それだけオリジナル度の高いクルマということなんです。


インテリアは、全てWCCRの生地で張替え。




ドアパネルのみオリジナルを生かし・・・


最後の仕上げはもちろん、



エンジンはナンバーマッチのオリジナル36hpを、
徹底的にディテーリング!



そして最後に足回りのカスタムです。
この仕上がりを見て頂ければ、
作業のクオリティを想像して頂けるのではないでしょうか。。。



スペックとしては・・・
・6inナロードビーム
・30mmロングアーム
・2inドロップスプリングプレート
・SPAXショックアブソーバー(230-325mm)

・・・と言う感じです。


とにかく、是非ギャラリーでご覧ください。








2019/01/22

Bamboo Grab Handle



「とにかくレアなグラブハンドルが欲しい・・・」

というお客様からご依頼いただき、
ご用意させて頂きました。


・・・そうです!!

なんと、竹製なんです!!
これはホントに初めて見ました。


取り付け方もちょっと変わっていますね。




ただ、パーツが届いて箱を見た時点で薄々気づいてはいたんですが・・・


よく見かけるGHE製のグラブハンドル(写真上)と比べると、4㎝ほど長いんです。
お客様のクルマには現状このGHE製の物が付いていて、
それと付け替えたいということでご依頼頂いてました。

もちろん、購入前にサイズは確認したのですが・・・(^^;)

外国人の中にはちゃんとした方もいるのですが、
中にはすごくテキトーな方も居ます。。。
まぁ、日本人も同じですが。


お客様と相談した結果、
加工をしてでもこのグラブハンドルを取り付けたい・・・ということになり、

短く加工させて頂きました。



・・・違和感はないと思います。


早速発送させていただき、
無事、取り付けできたとご連絡も頂きました。

・・・一安心です。(^^)






2019/01/17

Various Turn Signal Switch #2



・・・続きです♪


こちらはHELLA製のレッドチップ・ウインカーレバー。


レアなレッドチップ部分がスクウェアなタイプです。


レバー部分はアルミポリッシュ。


配線が4本タイプなので、
取り付けるためには配線、テールランプ等、
かなり改造しなければならない車種もありますが、
そこを頑張って取り付けた時のカッコ良さは、
他には無い物がありますね!!


Hella Square Red Tip Turn Signal Switch(GoodUsed)   Price: ¥118,000(税別)                                                                                                          (c01-02)





タイプ2、中でもバーンドアにピッタリだと思います。





Hella Long Red Tip Turn Signal Switch(NOS)   Price: ¥118,000(税別)  (c01-01)


今回ご紹介した2つのウインカーレバー、
取り付けには配線関係にかなり加工を要する場合がありますので、
詳しくはご相談ください!!

また、自分のクルマにはどれが合うか、どのウインカーレバーにすれば良いか迷う・・・
と言う方には、ベストなご提案をさせていただきますので、
こちらも是非ご相談ください!!




こちらで各種パーツをご紹介しております。

是非ご覧ください!!