2017/03/23

Instruction Manual


今日はかなりマニアックな内容です。。。




以前からう~っすら気にはなっていたけど、

気にしない様にしていたことを、

つい先日、うっかり確認してしまいました。。。(^^;)


どういう事かというと、こちら。。。

自分のカルマンと同じ1956年の、
インストラクション・マニュアル。

いわゆる取扱説明書です。



カルマンギアは55年8月から生産が開始されているという事なので、
56年3月というとかなり初期のタイプになりますね。


何気な~くコレを眺めていたんです。。。



あぁ~最初期の角テールのスピーカーグリルは、
やっぱり3列なんだなぁ~・・・とか、
(通常は4列です。)



ふんふん、最初期の角テールのバッテリーのアース線は、
ボディに直接つながってるんだなぁ~・・・とか。
(通常はエンジンケースにつながります。)



その中で・・・

あれ??

ジェネレーターの上につくレギュレターが四角い。。。



自分のは現状、ラウンドタイプと呼ばれる丸いのがついてるんですが・・・、


マニュアルによると、どうも四角いタイプが正解のようですね。(^^;)


3月に発行されたマニュアルなので、
スピーカーグリルやアース線等、
最初期にしか見られないと言われているディテールは、
10月生産の自分のカルマンと違っていても納得できるんですが、

四角いレギュレターはそのあともずっと使われるタイプなので、
3月の時点で四角いのがついてるという事は、
10月ももちろん四角・・・と考えるのが自然ですよね。。。


これだけ確実な情報が目の前にあると、
もう、気になって仕方ないですね。(^^;)



さて、四角いの探そうっと・・・。



















2017/03/18

'56-'57 Thin Back Seat




これは何でしょうか??




カルマンギア、

56年~59年までの角テール、

その中でも、57年までのモデルには、
通称、"Thin Back"と呼ばれる、
背中の部分が薄いシートが備わっています。



そのシートフレームに使われる、特殊な形状のネジなんです。
バックレストとボトムを繋ぐ、大事な部分。。。


何故か失われていて、
適当なネジに換えられている、ということがよくあります。

少し先になると思いますが、
張替え予定のシートの為ご用意させていただきました。


張り替えるのが、楽しみになってきますね!!













2017/03/17

'64 T-2 STD Turquoise #08



サクサク進んで・・・、









・・・外装関係がほぼ完成しました。
※ホイール、ハブキャップは仮のものです。



ちなみに、

バリだらけだったベントウイング(三角窓)シールの、
バリを削ってキレイにしたりとか・・・



同じくベントウイングのラッチプレートが、

かなり状態が悪かったので交換したりとか・・・、



他にも細々と、

なかなか手間暇かかっています。。。(^^;)



この後はエンジン・足回りの整備、
ドアパネル・シート等の内装・・・と、

まだまだ色々とやる事いっぱいですが、

ひとまず、一旦休憩になります。。。









2017/03/12

'64 T-2 STD Turquoise #07


ヘッドライナー終了後、

まずはダッシュまわりを完成させました。


64~65 USモデルONLYの、
ハザード機能もバッチリ使えるように♪


他、細部までキッチリと。。。
意外に手間のかかる作業ですが、大事な部分です!



お客様にご依頼いただいたサファリウインドウもしっかり取り付け。


色々なパーツ等の下準備が終わり、
サクサク部品が付いていくと、
一気に”進んだ感”があります!

きっちり下準備してるからこそ仕上がりも良くなると思います♪
塗装で言う、下地作りが大事というのと一緒ですね。









2017/03/09

ラスト1個!!



以前から何度かご紹介している、

NOSのボッシュ製汎用スイッチですが、
ついに当社の在庫がラスト一個となってしまいました!




世界中のどこかでは売ってるんだとは思いますが・・・(^^;)
すでに供給終了している部品なので、
国内で入手するのは難しいと思います。。。


エーモンのトグルスイッチでは満足できない、
そんな方からのオーダー、お待ちしております。m(_ _)m


NOS BOSCH スイッチ    Price ¥8,000(税別)







2017/03/06

'64 T-2 STD Turquoise #06


ヘッドライナー。。。

今回は、ここ最近の定番、
ウェストコーストクラシックレストレーション(WCCR)の生地を使っています。

クロス生地では既に何度も使っていて、
その品質の高さは実感していますが、
ビニールの生地でもそれは言えると思います。

違いを言葉で説明するのは難しいですが、
とにかく、良いですね!!

張替え自体はいつもの様に順番に。。。









2017/03/04

'64 T-2 STD Turquoise #05




facebookではチョコチョコお伝えしていて、
実際の作業はもう少し進んでいるんですが、
ここでは順番にご紹介したいと思います。


まずは配線の引き直し。。。

before

after

見た目にもシャキッとしますし、
機能的にもリフレッシュできるので良いですね。
それに、
オリジナルの配線をチマチマ修正するよりも時間もかかりません。

どちらが良いかは好みもありますが、
そのクルマの状態やお客様の意向など、
トータルで考えて判断したいですね!


配線を引き直しながら、
ダッシュまわり、各ライト関係の組み付け。。。
(レトロサウンドも同時に取り付けです。)





配線周りが一段落したので、

次はヘッドライナー。

内装のなかで一番最初に作業する部分です。

まずは両サイドの窓まわりから。。。